転職活動の強い味方!ハローワーク利用の流れを知ろう

ハローワークを使った転職活動の流れ

ハローワークを利用した時の流れを詳しく知ろう

求人探しから紹介まで

・仕事を探す
何はともあれ、まずは仕事を探すことから始まります。
ハローワークにはたくさんの求人があります。
その中から、自分の条件に合った企業を見つけ出すのです。
ハローワークに置いてあるパソコンは自由に使うことができるので、ハローワークに行って探すことが可能です。
また、事前登録が終わっていれば自宅のパソコンからでも閲覧することができます。
パソコンといっても複雑な操作は必要なく、簡単な操作で探すことができるようになっているので安心ですね。

・職員に紹介してもらう
応募したい企業が決まったら、その求人票をもって窓口に行きます。
そこでハローワークの職員が企業に連絡し、面接日時などの調整をしてくれます。
ただ、明らかに企業側の条件とかけ離れている場合(経験3年以上なのに、未経験、など)紹介できない場合もあります。

面接から内定まで

・面接
ハローワークを通じて面接日が決まったら、面接に行きます。
この時忘れてはいけないのが、ハローワークから出してもらえる「紹介状」です。
基本的にハローワークで紹介してもらった仕事の面接時には、この紹介状が必ず必要なので、忘れずに持っていくようにして下さいね。
ちなみに、ハローワークで履歴書を添削してくれたり、面接の練習をしてくれたりなどのサービスもあるので、不安な人は利用してみるといいでしょう。

もちろん、企業によって面接以外にも筆記試験や小論文、実技試験などがある場合があります。

・内定
入社試験に合格すれば、晴れて内定、という流れになります。
この採否の結果については、本人だけではなく、企業側からハローワークにも通知されます。


この記事をシェアする