転職活動の強い味方!ハローワーク利用の流れを知ろう

ハローワークを使った転職活動の流れ

ハローワークを利用した転職活動

最初の登録について

最初の登録、といっても難しいものではありません。
「求職申込書」という指定の用紙に必要事項を記入していきます。
記入する主な内容は以下の項目です。

・氏名や住所、電話番号など基本的な情報
・所有している資格や学歴、免許などの情報
・勤務可能時間や、希望の職種、希望形態(正社員、アルバイトなど)
・希望収入や細やかな条件がある場合はあわせて記入
・前職の会社名、職種、給与、退職理由などの情報
・その他、求人に必要な項目

どれも自分のことを書くだけなので、それほど悩む必要はありません。

また、ここに書いたことが絶対、となるわけではありません。
例えばこの用紙に「営業職希望」と書いていても「事務職」を紹介してもらうことも可能です。

これを書き終わると、受付で「ハローワークカード」という会員証のようなカードがもらえます。
これで、ハローワークを利用することができるようになるのです。

ハローワークでできること

ハローワークでできることは仕事の紹介だけではありません。
ここではハローワークでできる事を見ていきましょう。

・仕事の紹介
たくさんの企業から求人が寄せられています。
その求人をみて、応募したいと考えている利用者を企業側に紹介してくれます。
その細かな流れは後述します。

・職業訓練の受講
入社後に生かすことのできるスキルを習得するための講座を受講することができます。
その種類はたくさんあり、ビジネスマナーやパソコン、ものづくりや介護、ネイルに至るまで様々です。
ただし、その地域や時期によって開催されている講座が違うので、必ず自分の望んだものが受講できるとは限りません。

・失業給付の受給
前職で雇用保険に入っており、勤務期間などが条件に当てはまった場合は失業給付を受給することができます。
その手続きなどもハローワークで行うことができます。


この記事をシェアする